年々利用者が増加している夜行バスですが、夜行バスというと「安い。」「疲れる」というマイナスのイメージを持たれてる方が多いと思います。

実は最近、豪華で贅沢な夜行バスが増えています。

日本国内で走っている豪華で贅沢な夜行バスを紹介します。

管理人一度乗車してみて、良かったバスをご紹介致します。

ドリームスリーパー

運行会社:関東バスと両備バスの共同運行

運行路線:東京ー大阪 東京ー福山・広島

価格帯: 東京ー大阪線で片道1万8000円~2万1000円

東京―福山・広島線で片道1万7000円から2万2000円

ドリームスリーパーは座席と通路を扉で仕切られている高速バスです。

夜行高速バスでは唯一の扉で仕切られています。

完全個室と言っても良いほど、プライベート空間が確保されています。

贅沢なバス旅になるでしょう。

トイレも設置されていて、トイレ室は非常にきれいでした。

少々お値段は高めですが活用の仕方を考えれば、かなり使える高級バスです。

ドリームスリーパー紹介ページは関東バスのサイト両備バスのサイトで紹介されています。

ただ、バス内部は同じなのでどちらのサイトを見ても参考になります。

関東バスのサイトはこちらです。

両備バスのサイトはこちらです。

管理人の乗車記も参考にしてください。

ドリームスリーパー乗車記はこちらです。

マイフローラ

運行会社:海部観光

運行路線:東京ー徳島

価格帯: 1万3000円から1万5000円

「マイフローラ」はほぼ個室状態を確保されている座席です。

通路と座席をカーテンで仕切られるのでプライベート空間が確保されています。

プライベートモニターはありませんでした。

リクライニングはかなり倒すことが出来ましたので、ぐっすりと眠れたのを覚えています。

疲れていたのか、かなり眠ってしまい、気づいたら到着地でした。

トイレ休憩もあったのですが、全く気付かず眠っていました。

かなり快適な座席でいたので、徳島へ高速バスで行く際は是非利用してほしいバスです。

東京ー大阪間で運行も行ってほしいですね。

今のところ東京ー大阪間では運行していません。

海部観光公式ホームページ「マイフローラ」紹介ページはこちらです。

管理人が実際に乗車した「マイフローラ乗車記」はこちらです。

コクーン

運行会社:ウィラーエクスプレス
(ウィラーエクスプレス関東とウィラーエクスプレス西日本)

運行路線:東京ー名古屋 東京ー大阪

価格帯:東京―名古屋線6500円~9000円

東京ー大阪線 7040円~10500円

コクーンは半個室状態を確保されている座席です。

一つデメリットとしては「少々狭い」というところでしょうか。

それ以外は文句なしの座席です。

プライベートモニターも設置されているので、映画やテレビなどを視聴することが出来ます。

乗車中も暇しないでしょう。

コクーンはディズニーランドを発着します。

ディズニーランドへ行く際は是非利用してみてはいかがでしょうか?

・東京→大阪

・大阪→東京

・名古屋→東京

以上3つはディズニーランドを発着します。

ただし、東京→名古屋行きはディズニーランドを発着しません。

ウィラーエクスプレス公式サイト、コクーン紹介ページはこちらです。

管理人の「コクーン乗車記」はこちらです。

リボーン

運行会社:ウィラーエクスプレス

(ウィラーエクスプレス関東とウィラーエクスプレス西日本)

運行路線:東京ー名古屋 東京ー大阪

価格帯:東京ー名古屋線 7000円~11000円

東京ー大阪線 8500円~14500円

「ゆりかご」のような座席です。

個室ではありませんが、リクライニングを倒すと座席に埋もれる状態になるので、隣の座席からの視線は気にならなかったです。

この「リボーン」にはプライベートモニターはついていないので、乗車中は暇するかもしれないので、自分でipadなどを持ち込んで、暇しないようにした方が

良いと思います。

リボーンもディズニーランドを発着しているので、ディズニーランドへ行く際は利用して見てはいかがでしょうか?

大阪→東京行き

東京→名古屋

名古屋→東京

以上3つの路線はディズニーランドを発着します。

東京→大阪行きは発着しません。

ウィラーエクスプレス公式サイト、

リボーン紹介ページはこちらです。

管理人の「リボーン乗車記」はこちらです。

ドリームルリエ

運行会社:JRバス関東と西日本JRバス

運行路線:東京ー大阪

価格帯:東京ー大阪線 プレシャスクラスが14.000円~18.000円

アドバンスクラス 10.400円~12.500円

画像はプレシャスクラスです。↑

カーテンで通路と座席を仕切ることが出来るので半個室状態にすることができます。

ドリームルリエ号ではipadの貸し出しがあります。

ネットサーフィンをしたり、AbemaTVを視聴することができたりしますので、乗車中は暇しないでしょう。

こちらは運転席側から後方へ向けて撮ったバス車内です。

JRバス公式サイト、ドリームルリエ紹介ページはこちらです。

管理人の「ドリームルリエ号乗車記」はこちらです。

プレミアムドリーム号(プレミアムシート)

運行会社:JRバス関東と西日本JRバス

運行路線:東京—大阪 東京―奈良

価格帯:東京ー大阪線1万 東京ー奈良線1万

プレミアムドリーム紹介ページはこちらです。

プレミアムドリーム号のプレミアムシートは、2階建てバスの一階部分に設置されているシートです。

1台にわずか3席しかありません。

広々とした座席で高級感が漂う座席です。

プレミアムドリーム号のプレミアムシート3席のみプライベートモニターが設置されています。

こちらは西日本JRバスのプレミアムシートです。

JR東海バスにもプレミアムシートはありますが、少々座席が違うようです。

管理人の「ドリームルリエ号乗車記」はこちらです。

豪華バスにシャワーはついている?

豪華バスにはシャワー室はありません。

今のところ日本国内で走っている夜行バスでシャワー付きのバスは存在しないです。

確かに夏場は体がベタついたりするので、シャワーで体を洗い流してスッキリしたいものです。

乗車前にスッキリした状態で乗るの良いでね。

どうしてもシャワーを利用したい場合は、出発地、到着地の漫画喫茶のシャワー室を利用するのをおすすめします。

後、銭湯を利用するのもおすすめです。

最後に

いかがでしょうか?

夜行高速バスもここまで進化しました。

ちなみに1万円を超える豪華バスは東京ー大阪・名古屋で運行しています。

残念ながら東北方面の仙台、北陸地方の富山、福井方面などには運行していません。

東京ー大阪・名古屋間が人の動きが多く、乗車する人も多いので乗車率が良いからかもしれません。

他にも少々安い値段で利用できる贅沢なバスもあります。

それは「さくら高速バス」の「さくらクオリティエクスプレス」です。

さくら観光公式サイト、「さくらクオリティエクスプレス」紹介ページはこちらです。

運行路線は東京ー名古屋、東京ー大阪間で運行しています。

価格は非常にお手頃のお値段が設定されていまして、東京―名古屋線で、片道4000円から1万円程です。

東京ー大阪線で、片道1万円前後です。

運賃は乗車日によって料金が異なります。

東京ー大阪・名古屋で夜行高速バスを利用する場合はこちらもご検討してみてはいかがでしょうか?