昨今、夜行高速バスは色々なバス(座席、シート)が走っています。

料金が安くて簡易的なシートのバスから、個室タイプの豪華なバスなど様々なバスが日々走っています。

管理人がおすすめなのは個室タイプのバスです。

今回は個室バスの料金・値段について紹介いたします。

(ドリームスリーパー号の座席です↑)

現在、日本国内で運行しいる個室タイプのバス料金は片道1万円から2万円です。

ちなみに現在、日本国内で運行している完全個室の夜行バスは、「ドリームスリーパー号」のみです。

関東バス・中国バス ドリームスリーパー号

【ドリームスリーパー】

運行会社:関東バス・中国バス(両備バス)

運行区間:東京ー大阪 東京ー福山・広島

料金:  東京ー大阪 1万8,000円

東京ー福山・広島 2万円~2万1000円

バスの座席などが気になるかと思います。

バス会社が制作した「ドリームスリーパー」紹介動画もございますので、こちらで座席や車内を見ることが出来ます。↓

動画は「東京大阪号」と記載されていますが、東京ー福山・広島線とバス内部の作りは同じです。

なお東京―大阪線は管理人も乗車しました。

こちらの乗車記で画像と共に「ドリームスリーパー」について紹介していますので、是非参考にしてください。

>>>ドリームスリーパー乗車記<<<

最初にも書きましたが、日本国内で運行している完全個室の夜行バスは、この「ドリームスリーパー」のみです。

これから紹介するバスは完全個室ではありませんが、半個室で自分のスペースを確保されているバスです。

それではご紹介致します。

マイフローラ(海部観光が運行)

【マイフローラ】

運行会社:海部観光

運行区間:東京ー徳島

料金:1万3000円~1万5000円

「マイフローラ」は海部観光が運行するバスです。

通路と座席をカーテンで仕切るタイプで、半個室状態が確保されています。

管理人が乗車した中で一番眠れた記憶があります。

たまたま、疲れていたのかもしれませんが、非常におすすめできるバスです。

ただ、東京ー徳島間での運行のみで、大阪を経由して乗車降車ができません。

東京―大阪間での運行も行ってほしいと思います。

料金は飛行機に比べると安めなので、東京ー徳島間の移動する方には是非お勧めしたいです。

管理人も乗車しました。

乗車記で紹介しているので、参考にしてみてください。

>>>マイフローラ乗車記<<<

ドリームルリエ(JRバスが運行)

運行会社:西日本JRバス・JRバス関東

運行区間:東京ー大阪

料金:プレシャスクラス1万4000円~1万8000円

アドバンスクラス1万400円~1万2500円

「ドリームルリエ」はJRバスが運行するバスです。

1台のバスにプレシャスクラスとアドバンスクラス、二種類の座席が設置されています。

上記の画像はプレシャスクラスです。

プレシャスクラスは座席と通路がカーテンで仕切られていますので、半個室状態が確保されます。

こちらの動画はJRバスの公式サイトで視聴することが出来る

「ドリームルリエ」の紹介動画です。

AKB48の横山由依さんが出演してご紹介されています。

前半はプレシャスクラス、後半はアドバンスクラスの紹介です。

気になる方は是非視聴してみてください。

管理人も「プレシャスクラス」に乗車しました。

乗車記でプレシャスクラスの紹介をしています。

>>ドリームルリエ乗車記<<<

こちらも是非参考にしてください

リボーン(ウイラーエクスプレスが運行)

運行会社:ウィラーエクスプレス関東・ウィラーエクスプレス西日本

運行区間:東京ー大阪・東京ー名古屋

料金:東京―名古屋線 7000円~11000円

東京ー大阪線  8500円~14500円

「リボーン」は東京ー名古屋と東京ー大阪間で運行しているバスです。

個室とは言えませんが、シェル型の座席です。

リクライニングを倒すと周りの座席から自分の顔は見えないので、周りの目線を気にすることなく車内で過ごせます。

>>>リボーン乗車記<<<

コクーン(ウィラーエクスプレスが運行)

運行会社:ウィラーエクスプレス関東・ウィラーエクスプレス西日本

運行路線:東京ー大阪 東京ー名古屋

料金:東京ー名古屋線 6500円~9000円

東京ー大阪線  7040円~10500円

「コクーン」は約10年前に完成したバスです。

これまでのバスの座席のイメージを変えた座席です。

当時メディアでも取り上げられたのを覚えています。

管理人も乗車しましたが、若干窮屈に感じる座席ではありました。

設備は完璧で、コンセント、プライベートモニター、鏡など必要な設備は設置されているので、十分快適に過ごせるバスです。

管理人は中太りの体系なので少々窮屈に感じました。

細い方なら窮屈には感じないと思います。