関東バスと両備バスが運行する

ドリームスリーパーです。

 

 

 

 

 

 

 

座席は黒を基調とした高級感あふれる作りとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

バス後方から運転席へカメラを向けて撮りました。

バスの車内とは思えない光景です。

扉もあります。

完全個室のバスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可動式の枕です。

ちょうどよい柔らかさです。

硬過ぎず柔らかすぎずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランケットとスリッパが用意されています。

 

 

 

 

 

 

 

リクライニングシートを操作するためのスイッチ類、

照明のON・OFFと明るさを調整するためのスイッチが

設置されています。

木目に銀のスイッチというのもなんか良いです。

高級感を醸し出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左はUSB充電コンセント

左下は通常のコンセントが1口

右は「快眠音楽チャンネル」のつまみです。

快眠とリラックスをしていただくために、

BGMが用意されています。

4チャンネルあり、全てBGMです。

 

 

 

 

 

 

 

 

イオン発生器プラズマクラスター。

SHARPのプラズマクラスターが設置されています。

においや花粉などをブロック。

この装置のおかげで、

これから長時間滞在する個室空間を

さわやかに過ごすことが出来そうです。

 

 

 

 

 

 

あらかじめ、ドリンクホルダーには

ミネラルウォーターが用意されています。

1本無料です。追加でもらうことは出来ません。

 

喉を潤したりと水分は必要となるので、

ありがたいサービスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

便利なテーブルです。

縦長というのが特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

アメニティーグッツも多数用意されています。

・歯ブラシセット

・耳栓

・おしぼり

・スリープマスク

が用意されています。

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドフォンも備え付けてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドリームスリーパーの「案内」です。

リクライニングの操作方法などがここに記載されています。

操作が分からない場合はこの「案内」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しのスペースですが棚も用意されています。

ヘッドフォンを収納することも出来ますし、

ここに充電中のスマートフォンを置くことも出来ます。

 

降車の際はお忘れ物にご注意ください。

 

 

ドリームスリーパー化粧室

 

 

 

 

 

 

バスの最後部に洗面台が設置されています。

ちなみにトイレはバス中央部の階段を降りたところに

設置されています。

 

ドリームスリーパーのトイレは

化粧室とは別の場所にあります。

 

 

 

 

 

 

 

清潔感あふれる洗面台です。

 

 

 

 

 

 

 

洗面台を利用する時は

バスが動いている場合がほとんどです。

そんな状態でも利用できる折り畳み式の椅子です。

 

 

 

 

 

 

 

トイレはバスの中央部に設置されています。

階段で少し下るとあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとウォシュレット付きです。

流水温を流す装置も付いています。

 

 

 

 

 

 

トイレットペーパーと

便座クリーナー用のペーパー。

2種類用意されています。

 

 

 

 

 

 

便座除菌クリーナーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレに設置されている洗面台です。

 

このように非常に清潔感のあるバスです。

トイレが設置されているのは安心です。

 

筆者は乗車中になぜか腹痛に遭ってしまいました。

次の休憩ポイントまで持たない状態でした。

このトイレに救われました。

 

ただ、かなり体調が悪くなったりしたら

ためらわず乗務員さんにお声掛けしてください。

対応していただけます。