隣の座席を購入して2席を使う、ダブルシートという利用の仕方があります。

 

「隣に誰が座るのかなぁ。」

「隣が変なおじさんだったら嫌だなぁ。」

なんて思ったことありませんか。

 

 

このダブルシートというのを利用すれば、

隣の座席を気にせずバス車内で過ごすことが出来ます。

 

 

 

ダブルシートとは

 

 

ダブルシートとは2席を予約して利用する方法です。

 

図で説明いたします。

 

これ↓はバスの座席図の例です。↓

通常、4列シートというのは

このように座席配置がされています。

 

 

    入口   

 

 

 

 

 

通路

 

 

 

 

    運転席
1A 1B 1C 1D
2A 2B 2C 2D
3A 3B 3C 3D
4A 4B 4C 4D
5A 5B 5C 5D
6A 6B 6C 6D
7A 7B 7C 7D
8A 8B 8C 8D
9A 9B 9C 9D

 

 

通常一人で利用する際は青字のように 7A 1席を予約して利用するのが一般的です。

 

ダブルシート赤色の3A.3Bの2席を予約して座るのです。

 

 

 

 

 

ダブルシートで利用するメリット

 

 

ダブルシートを利用すると、隣に誰も座ることが無いので、気を使う必要がありません。

 

 

また、窓側に座っていても乗り降りが自由にできます。

隣に知らない人が座っていないのでわざわざお声がけする必要もありません。

 

 

トイレ休憩の時も、乗り降り自由です。

もし、隣に誰かが座っていると声掛けをしなくてはならず、

ましては隣の方が寝てたりすると起こさ無くてはならないこともあります。

 

場合によっては起きてくれなかったりもしますし、

嫌な顔されることもあるかもしれません。

 

ダブルシートだとそんなことを気にする必要もなく乗り降りができます。

トラブルになる確率も、ぐんと下がるでしょう。

 

 

 

予約サイトでは以下のように売り出されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように『ダブルシート』として販売されています。

 

ちなみに料金は3000円となっています。

これは3000円で2席予約できるということです。

 

ちなみに同じ便で1席だけ利用すると2500円です。

 

この路線のこの便では500円多く払うだけで

2席利用することができます。

 

他の路線を見てみましたが、『ダブルシート』で予約すると

通常の1席の料金に少しの金額をプラスするだけで2席分利用することが出来ます。

 

 

 

 

 

 

『ダブルシート』を利用できるバス会社

 

『ダブルシート』で予約できるバス会社は実は限られています。

 

 

以下の2社のみで販売しています。↓

 

 

・WILLER EXPRESS(バス運行会社=WILLER EXPRESS関東、東北、北信越、東海、西日本、中国)

・アミ—号(バス運行会社=有限会社山一サービス、有限会社武井観光、ウエスト観光)

 

 

 

 

確認済み。『ダブルシート』を予約できるバス・便名

 

 

 

『ダブルシート』を予約できるバス会社と便名をピックアップしました。

 

記載しているバス会社、便名がすべてではありません。

 

確認でき次第、ここに書いていきます。

 

 

 

関西⇒四国 四国⇒関西

 

WILLER EXPRESS J7223便 松山一番街 今治⇒関西

 

 

 

 

 

東京⇒長野 長野⇒東京

 

WILLER EXPRESS H5509便 東京⇒長野

 

WILLER EXPRESS H5512便 東京⇒長野

 

WILLER EXPRESS H5514便 東京⇒長野

 

WILLER EXPRESS H5608便 長野⇒東京

 

WILLER EXPRESS H5610便 長野⇒東京