Q.キャンセル待ちはできるのでしょうか?

 

A.キャンセル待ちはできます。

 

ただ、バス会社によって出来たり出来なかったりします。

出来る場合は二つの方法があります。

 

・1つは乗車日当日、バス乗り場にてキャンセル待ちをする。

・もう一つは、高速バス予約サイトにてキャンセル待ちをする。

この二つです。

 

 

バス乗り場でキャンセル待ちをする。

 

 

 

当日バス乗り場でキャンセル待ちをします。

大きなバス乗り場だと乗車券を販売する窓口で手続きを行えます。

ここで整理番号が配布されます。

 

発車時間になり、空席が発生したら

整理番号順に乗車をします。

 

当日、空席が発生するとは限らないので、

必ず乗車が出来るわけではありません。

 

簡単に流れを説明します。

東京駅でJRバスのキャンセル待ちをする際の流れです。

 

JRバス東京駅八重洲口乗り場には案内窓口があります。

ここで、受付を行います。

まず、「キャンセル待ち用乗車券」を購入します。

この時、整理券も配布されます。

 

発車時刻になり、空席発生の確認が取れたら、

整理番号の順番に乗車手続きを開始し乗車します。

 

万が一空席が発生せずに乗れなかったら、

当日中に東京駅JRバスの窓口にて

「キャンセル待ち用乗車券」購入分の払い戻しがされます。

 

 

高速バス予約サイトでキャンセル待ちをする場合

 

キャンセルが発生したら、

メールにてお知らせをしてくれます。

ただし、メールを受け取ったら、予約完了という訳ではなく、

受け取り後に自分自身で予約をする必要があります。

 

 

 

 

バス予約サイトでキャンセル待ちが出来ない場合

 

空席情報の更新を頻繁に行なっているサイトだと、

キャンセル待ちから空席に変わることがあります。

サイトをチェックしていると空席が発生したことが

わかります。

 

ただ、事前に乗車予定のお客さんが前もって

キャンセルを申し出た場合に限ります。

 

バスターミナルでバス運転士さんに直接聞く方法も!

 

東京—大阪や名古屋発着のバスは本数が非常に多いので、

バスターミナルへ当日向い、バスの運転士さんに直接聞いて、

空席があれば乗車することが出来ます。

 

バスの運転士さんは乗客の確認のために、

最新の空席情報を持たれているので。

 

例えば、一つ前の停留所で乗車予定の人が乗らず、

このバスターミナル以降、乗車する停留所が無い場合は

乗車することが出来ます。

 

私は高速バスを頻繁に使いますが、

バスターミナルで運転士さんに直接聞いて、

乗車しているお客さんをたまにみかけます。

 

バスの運転士さんに直接聞くのもありだと思います。

 

 

 

 

キャンセル待ちを行っているバス会社

 

・ウイラーエクスプレス

・JRバス

 

 

キャンセル待ちを行っている予約サイト

・ウイラーエクスプレス予約サイト

・高速バスツアーズ

・さくら観光 高速バス 夜行バスモバイル

・杉崎高速バス 予約サイト

 

 

 

キャンセル待ちが出来ないバス会社

 

・株式会社ジャムジャムエクスプレス (JAMJAMライナーを運行)

 

 

 

 

このようにバス会社によって扱っていたり扱っていなかったりします。

キャンセル待ちは当日、必ず乗れるとは限らないので、あまりお勧めはしないですね。

運賃が安くなるという訳でもないので。

 

今、予約サイトでは当日の出発時間10分前でも空席を確認出来て、購入することもできたりします。

急に高速バスを乗ることになったら、予約サイトで空席確認することをお勧めします。

 

バス会社が直接運営を行っている公式サイトからの予約が良いでしょう。